制震システムM-GVA(エムジーバ)とは

マイライフプランニングのM-GVAでワンランク上の安心の家づくり

巨大地震発生確率が非常に高まっている現在、法律上の耐震工法だけでなく、強震や度重なる余震も考えたワンランク上の備えとして、高層ビルの揺れ制御に使われる技術を木造住宅に応用した「制震M-GVA工法」を採用しています。

柱と梁、壁で建物を固くし、強い力で揺れに対抗する耐震工法が標準です。しかし、耐震工法に制震技術をプラスし、より安全性を高めるという考えが広まっています。

制震M-GVAは建物を揺らす地震エネルギーを熱エネルギーに変換して確実に揺れを吸収するシステムです。倒壊から家族を守る事だけでなく、地震から資産価値を守ります。

メーカー実験により、阪神淡路大震災級の震度7の地震波を与えたM-GVA採用モデルは一般的な木造耐震構造モデルに比べ、最大約70%の揺れを軽減することを実証。
※1:軽減率は物件により異なります。

地震エネルギーを熱に変えて吸収

制震ダンパーに建物の揺れが伝わると複層に組み込まれた制震材が伸縮し、その摩擦で揺れにブレーキがかかる仕組みです。揺れるエネルギーを摩擦の熱に変換し、吸収しています。

木造住宅に構造ビルの最先端技術を応用

VEMは大型建築物にも用いられている制震材です。複雑な構造の長い分子によって摩擦しやすく小さな変形エネルギーも拾い、熱エネルギーに変換して確実に揺れを吸収できる仕組みになっています。

考え抜かれた構造で繰り返す揺れに対応

制震材には効率よく制震効果を発揮する範囲や制震材自体が破断しないための伸縮の制限がありますそこでM-GVAは繰り返す揺れに何度でも対応できるスライドロック機構を採用しています。